携帯からのご相談はこちら
http://www.ryozen-kwannon.jp/m/


霊山観音サイトマップ




涅槃会

開催日:平成31年3月15日(金) 9:00~
ねはんえ
お釈迦さまは人間の姿でこの世にお生まれになり、おさとりを人々にお伝えになりました。
80歳の2月15日、肉体的な死を迎えられ、沙羅双樹の下でさとりの世界へとお帰りになりました。弟子たちはおろか五十二類の動物までが涙を流して泣き、沙羅双樹の木も悲しみのあまり真っ白になって枯れてしまいました。釈尊のお姿は舎利(御遺骨)となってしまいましたが、そのみこころは滅することなく「法」として伝えられ、今日の仏教があります。ゆえに釈尊を「大恩教主」として讃え、敬います。
当山には大理石の一枚岩で作られた、大きな涅槃像がおまつりされています。これこそ沙羅双樹の下で身を横たえ、最後のお説法をされるお釈迦さまのお姿です。この日はお釈迦さまを偲ぶおつとめが涅槃像の前でおこなわれます。

※2月15日が本来ですが、旧暦に近づけるために「月遅れ」として3月に行うのが京都のならわしです。

敬いの読経の声朗朗と

最後のお説法姿といわれる

花まつり(釈尊降誕会)

開催日:平成31年4月8日(月) 13:00~
はなまつり(しゃくそんこうたんえ)
お釈迦さまは覚りを完成させるために8000回も生まれ変わり、最後に北インドのカピラ国の王子として人間の世界に生まれました。
今から2600年昔の4月8日と伝えられています。花盛りのルンビニの花園でお母上マヤ夫人は痛みなく男の子を出産します。その子は生れて間もなく、七歩歩いて天地を指さしました。人々が驚き、喜んでいると、天から甘い雨が降ってきました。それは神々が祝福して降らせた、天の甘露だったのです。
この故事にちなんで、ルンビニの花園を模して色とりどりの花で飾った花御堂に誕生仏のお姿をおまつりし、みんなで甘茶をかけてお祝いをいたします。
この日は参拝者の皆様も甘茶をかけて礼拝することができ、甘茶を味わっていただくこともできます。みなさまおそろいでお参りください。
枝垂れ桜満開のもと、お琴の生演奏を聞き、野点(300円)を一服。(11時~14:00)

花御堂のお釈迦さまに、静かに手を合わせる

甘茶をおかけし感謝の気持ちを

春季大法要・採燈大護摩供養

開催日:2019年5月18日(土)
しゅんきだいほうよう
さいとうおおごまくよう
当山は平和日本の建設と戦争犠牲者の冥福を祈念するために、昭和30年に建立されました。
この日は戦争で散華した御霊の追善供養の大法要を、大法鼓の響きと共に関係寺院様の御参集をいただいて、午後一時より行います。
本堂内陣での法要終了後、ひきつづきまして本山派修験道の山伏先達が境内に入場し、野天にて勇壮な採燈大護摩が修行され、世界平和とともに皆様方のお願い事をご祈願いたします。
どうぞ皆様もお参りされて世界の平和とご家族の幸せをお祈りください。

祭文を捧げる代表役員

大護摩供養にご参集の山伏先達

暁天講座

開催日:2019年7月2日(火)・3日(水)午前7時~8時
ぎょうてんこうざ
朝もやの静寂の中から立ち上る朝日の陽気を全身に感じながら、高僧の御説法に耳を傾け、心の洗濯はいかがでしょうか?
7月2日・3日の両日、朝7時より清水寺貫主・森清範師を講師にお迎えして御法話を頂戴いたします。
わずか1日の仏道修行であっても、人生の糧となることは疑いがありません。
どなた様も無料で参加できます。どうぞふるってのご参加をお待ちしております。

お話しされる、清水寺 森清範 貫主

一言も聞き洩らさず、と傾聴するみなさん

みづ子地蔵まつり

開催日:2019年7月23日(火)午後1時30分~
みづこじぞうまつり
お釈迦さまが悟りの世界に帰られて、次の肉体をもった佛が出てくるまで5670000000年。その間、自分ではどうもできない魂たちの救済はお地蔵様の担当です。
お地蔵様の御誓願は「弱者救済」。自分の意志では苦しみの海から出られない「いのち」あるものたちの為に、お地蔵さまは冠も被らず、浄土に安住せず、袈裟一枚の坊主頭で天上から地獄まで錫杖をついて巡る毎日です。
「いのち」は父母によって宿った瞬間から。たとえ出産の日を迎えられなかったとしても、いのちの存在は変わることがありません。殊に、いちばん愛してくれる存在・いちばん頼るべき存在によって摘み切られたいのちたちの悲しみ・苦しみはどれくらい大きいのでしょうか?幸運にも今いのちがある私たちには到底想像できませんでしょう。そんな悲しきいのちたちにお地蔵様は寄り添い・導いてくださいます。なんと頼もしい存在でしょうか!
当山では、この世を見ず・親の顔を見ず、そして水に流すがごとく存在を否定されてしまった「みずこ」の魂の安寧のため、そして子を求める親・生れてきた子供の幸せを「満つ」ことを願い、「みづこ地蔵尊」としてお姿を現して頂いています。
水子の追善供養は毎日受付しておりますが、特にその機会を作るために7月23日の地蔵尊縁日に「水子供養大法会」を広く開莚し、皆様のお参りをお勧めしております。当日は朝九時半より午後一時過ぎまで、塔婆供養を受付しております。午後一時半に総供養を行い終了となります。霊名を読み上げ回向する「添え施餓鬼」も受付可能です。
手向けたる 香の煙もいずれまた 我を迎える雲となるらん と古歌にございます。亡きいのちたちの安寧を祈ることは、ご自身の魂の安寧となるのです。
(なお、11月23日にも御案内を差し上げていますが、どちらでもお参りの叶う日にお越しください。もちろん、それ以外の日でもお供養ができます)

一山僧侶による追善の読経

塔婆浄書に心をこめて